必要な手数料

厚木で分譲住宅を購入する際に必要な手数料

厚木で分譲住宅を購入する際には、土地と建物の代金の他にも様々な費用が掛かりますので、購入計画を立てる場合には諸費用について把握しておく必要があります。

もちろん厚木だけではなく全国で必ず必要となるものですから、分譲住宅の購入にローンを利用する際には余裕を持った借り入れをするか自己資金で賄う必要があります。

分譲住宅の購入で必要となる手数料には、税金と手続きを依頼するための報酬に分かれてきます。税金では登録免許税や印紙税、不動産取得税や消費税があります。

税金のほとんどは税率が決められているため、費用に関しては簡単に把握することが可能ですが、不動産取得税は軽減措置がありますので実際には課税されない場合もあります。

また消費税では、土地の譲渡は非課税ですから建物価格だけに課税されることになります。手続きを依頼するための報酬では、土地家屋調査士や司法書士に支払う手数料が必要になります。土地家屋調査士には、登記簿の表示登記を行うための測量業務を依頼することになりますし、司法書士には登記申請手続きを代行してもらうための必要が必要になるのです。

分譲住宅を購入する際には住宅ローンを利用するのが普通ですが、住宅ローン保証料を支払う場合には手続きに要する費用も必要になるのです。他にも団体信用生命保険に加入しますし、火災保険の加入も必要になってきます。

団体信用生命保険や火災保険は、銀行融資では融資を行う際の条件となっていることがほとんどですので、逆に言えば生命保険に加入できなければ住宅ローンも利用できないとなります。

一般的には融資を行う際に全てを支払うことになりますので、銀行融資の場合には特別負担する必要が無い場合もあります。分譲住宅では売主から直接購入する場合と、媒介業者が間に入る場合とがありますが、媒介業者がいる場合には媒介手数料も必要になってきます。

他にもつなぎ融資が必要になれば手数料や手続きに必要な費用が掛かってきますので、購入代金以外にも様々な費用が必要になってくるのです。

厚木で分譲住宅を購入する際には、手数料を意識して計画することも大切ですが、税金や報酬額については税率や報酬率が決められているため軽減することはできないのが普通です。

そのため購入価格の他にもたくさんの費用が必要になりますので、低価格で購入できる物件を選ぶことも大切です。しかし低価格の物件はそれだけ価値が低いことになるため、住宅ローンの融資額に注意が必要です。”