必要な諸費用

厚木市の分譲住宅を購入するときに必要な諸費用

分譲住宅の購入で必要になるのは、建物本体の価格だけではありません。諸々の手数料などが必要になるので、資金計画で予算を決めたるときには、諸費用のことも考えながら決めましょう。

厚木市の分譲住宅を購入することを決めたら、まずは手付金を支払います。手付金は10万円から100万円が一般的な目安で、1万円から販売価格の10%程度です。

この手付金は、売買金額の一部になっていますから、厳密には販売価格以外に用意するべき諸費用ではありません。しかし、分譲住宅の購入を途中でキャンセルすると戻ってこないこともあるので、手付金を支払ったら注意しましょう。

手付金を支払うタイミングは、契約書を交わすときです。また、契約書には収入印紙が必要になりますから、印紙代も負担しなければいけません。契約を交わして厚木市の分譲住宅の購入を決めたら、次に諸費用を支払うタイミングは引き渡し時です。

このタイミングで必要になるのは、登記費用と固定資産税などの税金です。登記費用は販売価格の1%程度、固定資産税などの税金は日割り計算をして金額を決定します。また、分譲住宅の住宅ローンを組むときには、ローン契約書に使う収入印紙の代金を支払わなければいけません。

仲介で購入した場合は、仲介業者に仲介手数料も必要になります。分譲住宅の引き渡し時に支払う代表的な諸費用は、このようになっています。

引き渡しが終わり分譲住宅で暮らし始めるときには、引っ越し代も必要です。引っ越し代は、厚木市までの距離や荷物の量、業者のスタッフの数などによって決められます。

ほかにも、引っ越しをしたら新しい家具や家電製品、インテリア用品なども必要になるでしょう。それから、電話やインターネットプロバイダーなど、インフラを整えるために料金が発生することもあります。

最後に、不動産取得税を支払わなければいけません。不動産取得税は、引き渡しから半年以上経過してから支払います。そのため、忘れたころに不動産取得税を支払うことになるので、用意をしておきましょう。

ただし、不動産取得税は一定の条件を満たしていれば、減税される措置があります。厚木市の分譲住宅を購入したら、役所などに不動産取得税の減税措置について問い合わせをしておきましょう。

一般的な諸費用は以上ですが、分譲住宅によっては他にも必要になることはあります。不動産会社などに確認しながら、手続きを進めておきましょう。”