土地の高騰

厚木の土地の高騰について

日本の首都である東京とその周辺地域の土地については、年々高騰していることが知られています。これは東京に隣接する全ての県に共通して言うことが出来る傾向でもあります。その中でも神奈川県は比較的地価の上昇ペースが速いのが特徴です。

そのペースは地域ごとにまちまちですが、厚木の様な発展の余地を残した地域では事業用にも住宅用にも需要がますます高まっているのが現状です。

日本全体の人口は緩やかに減少する可能性が見えてきていますが、首都東京圏の人口は年々増加して言う事実があります。そのため厚木の様な神奈川を含めて今後も土地の価格の高騰が予想されています。

ある地域の土地の価値が高騰するというのは、その地域における需要と供給のバランスが崩れていることを意味します。そこの地域の土地が欲しいと思う人が非常に多く、売りたいと言う人が少ないのが一つの原因です。

このような状態では価格を上げて交渉するしか採りうる手段がなくなってしまいます。このような仕組みで地価はどんどん上がっていくことになるのです。

そのため厚木の様な人気の高い地域については、土地を購入するというそれだけのことでも結構大変なことになるのです。住宅用の土地であれば分譲住宅のように住宅とセットで購入することが出来る場合もあるでしょう。この様な購入方法は若干安く購入数rことが可能になるので人気があります。

何もかもが便利な都心部から少し離れた閑静な住宅街が好まれるのは、その環境が静かであるからという理由ももちろんありますが、その様な土地の方が土地の価格が落ちついているという事実があるからでもあります。地価の高騰は広く発生していますが、その比率はその土地の中心部分や交通の便が良い要所に集中している傾向がります。そのため、その様な地域を避けて土地を購入するというのが賢い方法であるかもしれません。

厚木において事業用地を探すのであっても住宅地を探すのであっても、まずはその地域の不動産業者に相談するところから始めるのが良いでしょう。不動産というのは常に動くものですので、その時々によって仲介できる内容については違いがあるのが一般的です。

つまりその時に取り扱うことが出来る範囲で選ぶしかないのです。そんな状況の中で地価の高騰は発生しています。どうしても厚木に家を建てたいなどの事情がある場合には、ある程度割り切って判断する必要があるのかもしれません。”