加害者になった時を考える

無免許運転での交通事故

自動車の運転は、免許証を取得し、所持した状態で行うものとされています。免許証の不携帯でも交通違反となってしまいますし、また免許証の更新が切れた状態での運転は無免許での運転となってしまいます。また、免許のない状態で交通事故を起こしてしまった場合には、免許を持っている状態で起こすよりも罰則も重くなってしまいます。免許を所有している状態であれば、業務上過失で済んだものが、無免許の場合は危険運転と判断されるケースも多いようです。もしも無免許での交通事故を起こしてしまった場合には、罪も重く、傷つけてしまった人の人生だけでなく、自分の人生までも大きく狂わせてしまうものです。自分はもちろんの事、身近な人に対してもそのようなことは起きてほしくないはずです。そのためにも、運転に関しては免許をしっかりと取得したのちに行うことを心掛け、更新を忘れないように心掛けて、また日常的にも交通事故を起こさないよう注意深い運転を心がけましょう。

2)交通事故で相手を死亡させた場合の慰謝料相場

交通事故で毎年多くの方が亡くなっています。加害者側もほんの一瞬の不注意だったのでしょうが、その一瞬が人生を変えてしまう事につながるのです。それは交通事故を引き起こした事による刑事責任の部分でも言える事ですが、何より加害者側に重い負担となってくるのが慰謝料です。相手を死亡させた場合には、それを金銭で補償する必要があります。その慰謝料相場がどれ位かという事ですが、相手が既婚者かそうでないか、また子供がいるかどうかによって変わってきます。相手が独身者ならば、被害者が成人の場合であれば、死亡させた事のみに金銭が発生しますので3000万円程度でしょう。相手が子供であれば、その子供の夢を奪ったという事になるので、その子が実現可能だった夢を叶えた時に発生する金銭が賠償金になりますので1億円程度です。そして、被害者が既婚者で且つ子供がいる場合です。その方が主たる扶養者である場合には、その方が残りの生涯で稼げるはずだった金銭を全額負担する事になるので、金額としては1.5億円位でしょう。交通事故は経済的にも加害者側に重い制裁があります。絶対に起こさないようにしましょう。

3)交通事故を防ぐには

交通事故は起こすことも、もらうことも、できれば避けていことです。とはいうものの、どういう要因であれ、事故に遭う確率と言うのはゼロではなく、誰もがその危険性自体は必ず持っているというものです。その可能性をゼロに近づけて、交通事故を防ぐにはどのような心構えを持っていればよいでしょうか。まずは自分で起こさないために、もちろん飲酒などはもっての他ですし、注意深い運転ももちろんの事、日々の車のメンテナンスなどにも気を配る必要があります。また、法定速度の順守も重要なことですが、交通の流れに沿った運転と言うのも重要になります。周りの車よりも極端に遅い速度で走るということも、オーバースピードと同じくらい危険な運転なのです。このような所にも気を配ることで交通事故をもらう可能性を少なくすることが出来ます。注意力と集中力を欠かさない運転を心掛けることで、交通事故を起こすことなく、またもらうことなく運転することが必要です。