分譲住宅購入は消費税

厚木の分譲住宅購入は消費税がかかります

厚木は神奈川県にある人口が横浜市と川崎市について多い大都市です。さらにここは名所旧跡が多いために観光客が多いですし、学校や病院、児童公園といった行政施設も多いため居住するには非常に住みやすい街です。そのためこちらを居住先に選んだ方はセンスがいいといえます。

こちらに引っ越しを検討する方はまず一戸建ての購入を考えると思いますが、一戸建ては土地と建物を別々に購入しなければなりませんので、非常に資金がかかります。さらにローンが別々だったり価格や条件がさまざまだったりしますので、一戸建てを購入するのは大変な資金と手間がかかります。

そこで資金に余裕がない方や手続きが煩雑になってしまって大変なのが嫌だという方は、分譲住宅の購入を考えてみてはいかがでしょうか。

分譲住宅とは分割譲渡される住宅のことで、企業が一括で大きな土地を購入しそのうちの一戸ごとに販売していくという形式をとるものです。この分譲住宅にはメリットとデメリットがありますので、以下で解説いたします。

まずメリットとしては土地と建物がセットなので、予算と物件の関係が分かりやすく消費税の計算も簡単という点です。さらに完成した物件であることから数多くの物件から比較することがしやすいというメリットもあります。さらに分譲住宅はいろいろなところにまとまっているので、周辺環境や教育、交通の便などの点を考慮して検討することができるという点です。

デメリットとしては、入居者のこだわっている点を反映しづらいという点がありますし、分譲住宅には様々なパターンがあり企業が力を入れてるところによって優遇を受けることができたりします。たとえば購入するときに消費税をまけてくれたりすることがあります。そのためその良し悪しを細かく判断する確かな目が求められます。

厚木ではたくさんの方が住んでいますのでこちらでも分譲住宅の建売は多く行っていますので、居住するときでもどこを選ぶのかについての判断が求められますが、厚木にある分譲住宅でも消費税やインターネットなど様々な点で優遇を受けられるところもあれば、その優遇の代わりに少し不便なところがあったり、学校が遠かったりといった違いがあります。

さらに分譲住宅に居住する場合には、必ず同じような家に住む人たちが隣近所にいることになりますので、この人たちとの人間関係を大事にしなければならないことになります。これについてはメリット化デメリット化は微妙です。”