購入した土地の登記

厚木市での購入した土地の登記

厚木市を始め土地などを購入した場合、その土地をローンで購入した場合などは特に抵当権の設定のために、法務局で登記をするよう指示がなされるのが一般的です。この登記により、所有者との関係を明確にして、万が一借金、ローンの返済が怠った時には、代物弁済などの手続きに移行することになります。

無論、土地だけではなくてその土地とセットでたとえば住宅を新築したなどの場合に住宅ローンを組んで購入していれば、住宅部分についても登記を求められ、土地と同様に抵当権が設定されることになります。

厚木市であれ全国の市町村であれ、不動産についてはローンで購入した場合にあっては抵当権の設定をすることが前提の借金つまりローンになっているはずです。ここで登記の際に抵当権を設定していないと、この土地における借金の返済が万が一滞った際に処理が面倒なことになりかねません。そのため、通常は課した金融機関や個人などから抵当権の設定を促されることになります。

厚木市のように政令指定都市の場合にあっては、法務局の出先事務所があるため、そこで行うことが通常できます。なお、この手続きは代行申請が一般的で、この書類作成から申請、登記までの流れの処理を行えるのは通常は司法書士だけです。申請書類の作成までを行政書士が行う場合もありますが、同じ事務所内に司法書士がいるなどして結局のところ司法書士が行うことになります。

ローンではなく現金一括で不動産を購入した場合についてはどうなのかというと、土地にしろ建物にしろ法務局で申請をしておかなくてもよいのかというとしなくても問題はないとされますが、権利がどうなっているのか分からなくなるので、一般的には法務局で正規の手続きを行うことになります。

万が一、その土地などの不動産の所有権をめぐってトラブルになった折には、法務局で所有権がらみでどうなっているのか確認することになりますから、何も記載がされていないとなれば、誰に所有権があるのか分からなくなる事態も想定できます。そのため、ほとんどの場合において、その不動産の所有権を明確にするため、法務局で手続きを行っておくことが一般的というわけです。

なお、この法務局での手続きをしていないからといって、固定資産税などの税金を免れることはできません。申告を市役所などに行う義務がありますし、必ず調査が入りますので、所有者つまり納税義務者は分かってしまうことになります。”