分譲住宅を購入する時

厚木で分譲住宅を購入する時に確認する街並み

厚木で分譲住宅を購入しようと考えた場合、色々なことを確認しなければいけませんが、その中のひとつに街並みがあります。分譲住宅が建っている厚木の街並は、自分で変えることは出来ないのです。そのため、しっかりとチェックするようにしましょう。

どのような街並みが良いかは個人の好みによっても分かれますが、一般的にはきれいに整備された街並が良いとされています。まず、家の前の道路の幅です。6メートル道路であるかどうかを、しっかりチェックするようにしましょう。細い道路だと一戸建てが立ち並んだ時、圧迫感があります。

また、建ぺい率がいくらぐらいで設定されているかも、チェックすることが大切です。もちろん、都市計画法の第一種低層住居専用地域であることが理想的ですが、それが難しい場合は、建ぺい率や容積率などが厳しく設定されているかどうかを見ることが大切です。

第一種低層住居専用地域である場合は高さは10メートルまたは12メートル以内と決められていますが、建ぺい率は30%、40%、50%、60%のいずれかですし、容積率も50%、60%、80%、100%、150%、200%のいずれかです。

そのため、どのように適用されているのか、確認する必要があります。これらによって分譲住宅や他の住宅などの建て方が変わってくるため、街並みが大きく影響されます。土地ぎりぎりに建っている住宅が並んでいるエリアはとても見栄えが悪いですし、圧迫感を受けます。街並が悪くなってしまうのです。

その他、大きな道路などの傍には歩道があるか、公園や街路樹など緑はあるかなど、しっかり確認するようにしましょう。これも街並に大きな影響をあたえてくるためです。

大きなビルや高層マンションなどは、駅の近くなど一箇所に固められている街が望ましいです。住宅街と商業のためのエリアが分けられている方が、街並としてはとても綺麗になります。

また、このように厚木の街並がよいエリアに分譲住宅を購入すれば、将来売却することになった時も、高く売ることが出来ます。築年数が経過して分譲住宅自体に価値がなくなっても、街並みには価値があるためです。

実際に住んでいる間もきれいな街並は住み心地がとても良いですし、外出もしやすいため健康的に暮らしていくことが出来ます。そのため、分譲住宅を購入する場合は、必ずその分譲住宅の周辺、街並をしっかりと確認しておく必要があるのです。”